会社情報

沿 革(1970年〜)

1970年 7月 アメリカ市場における一般産業用クラッチ・ブレーキの販売開始
1971年 6月 電磁クラッチの輸出拡大により3年連続輸出貢献企業として通商産業大臣表彰を受ける
1972年 5月 アメリカ・GT社ヘ電磁クラッチ・ブレーキの出荷開始
1972年 11月 アメリカ・カリフォルニア州サンフランシスコにOGURA OF AMERICA INC.を設立
1974年 9月 赤堀工場を群馬県伊勢崎市に新設
1974年 9月 北陸出張所を石川県金沢市に開設。(現・北陸営業所)
1974年 10月 アメリカ・アメリカンモーターズ社向けカークーラー用クラッチの販売開始
1975年 1月 ドイツ・ダイムラーベンツ社向けカークーラー用クラッチを開発、販売
1975年 5月 日本工作用機器工業会の理事長に当社小倉一郎社長が就任
1976年 3月 電磁マイクロパウダクラッチ・ブレーキの販売開始
1977年 2月 九州出張所を福岡市博多区に開設。(現・九州営業所)
1977年 3月 ヒステリシスクラッチ・ブレーキの販売開始
1978年 8月 乾式電磁単板クラッチ・ブレーキの販売開始
1979年 6月 漢字プリンタ用24Pヘッドと漢字プリンタの開発を開始
1980年 1月 バンケル型ロータリーコンプレッサーOWシリーズの販売開始
1980年 1月 アメリカ・GM社向けカークーラー用クラッチMA-GRO5型の販売開始
1980年 2月 東洋クラッチ(株)に対し、資本参加(現・連結子会社)
1980年 3月 ドットプリンタRO−80,136シリーズ韓国輸出、7Pヘッド単品販売
1980年 8月 芝刈り機用クラッチ・ブレーキLMCB型の販売開始
1981年 4月 ドイツ・バンケル ボルシグ社とスーパーチャージャーに関して技術提携
1981年 4月 ローコスト型ノーバックラッシ、オートギャップ装置付き(業界初)乾式単板電磁クラッチ・ブレーキの販売開始
1981年 5月 ステッピングクラッチSTC型の販売開始
1982年 1月 ドイツ・ダイムラーベンツ社からスプリングクラッチESC型の承認を得る
1982年 11月 無励磁作動ブレーキ、ロボット用SNB・RNB型の販売開始
1983年 1月 バンケル型スーパーチャージャーの販売開始
1984年 3月 パウダトルクリミッタOPL型の販売開始
1984年 4月 デージーホイルプリンター用印字ハンマーの販売開始
1985年 5月 信濃機工(株)に対し、資本参加。(現・持分法非適用関連会社)
1985年 8月 香林工場を群馬県伊勢崎市に新設。
1985年 9月 アメリカ・GM HRD社との本格的取引を開始
1987年 6月 アメリカ・フォード社向けカーエアコン用クラッチの販売開始
1988年 1月 アメリカ・ミシガン州デトロイトにOgura Corporationを設立(現・連結子会社)。
イギリスサーマル社と販売契約締結。
1988年 10月 東京精工(株)に対し、資本参加(現・連結子会社)
1989年 12月 アメリカ・フォード社よりQ1受賞
1938〜1969年へ  1990年代〜1999年

赤堀工場を新設
1974年9月
赤堀工場を新設

ヒステリシスクラッチ・ブレーキの販売開始
1977年3月
ヒステリシスクラッチ・ブレーキの販売開始

バンケル型ロータリーコンプレッサーOWシリーズ販売開始
1980年1月
バンケル型ロータリーコンプレッサーOWシリーズ販売開始

ステッピングクラッチSTC形販売開始
1981年5月
ステッピングクラッチSTC形販売開始

無励磁作動ブレーキ、ロボットSNB・RNB形販売開始
1982年 11月
無励磁作動ブレーキ、ロボットSNB・RNB形販売開始

バンケル型スーパーチャージャー販売開始
1983年1月
バンケル型スーパーチャージャー販売開始

1985年10月香林工場を新設
1985年10月
香林工場を新設

アメリカ・Ogura Corporation設立
1988年 1月
アメリカ・Ogura Corporation設立


ページトップへ