クラッチ/ブレーキアプリケーション

テンションコントロール

ワイヤー、紙、フィルム、テープなどを連続的に巻き戻しあるいは巻き取る場合に、製品の品質保持のため一定の張力を材料に与える必要があり、定トルク性と制御性に優れた空隙クラッチ/ブレーキが使用されます。

[使用例:使用例:材料巻き取り装置]

張力制御:材料巻取り装置

フィルム、ワイヤー、シート等の巻き出し側にパウダブレーキまたはヒステリシスブレーキと検出器、コントローラをセットで使用することによって高精度な張力制御が可能です。

張力制御:材料巻取り装置

テンションコントロール用途  適応機種

張力制御機器

テンションコントロール
システム


APPLICATION(例)

機械名:ラミネート装置日頃、我々があまり目にすることのないパッキン材・ラベルシール等の加工を行うラミネート装置にも クラッチが使用されています。
ラミネート装置は、多種多様な素材を粘着テープと貼り合わせる場合の蛇行を防ぐために、テープに適度な張力を与える必要があります。 この張力をコントロールするのにPHT型が使用されています。また、PHT型は電源を必要としないために取り扱いが容易です。

PHT 1.2D使用製品:PHT 1.2D
ラミネート装置
機  構  図 素材と粘着テープのそれぞれの原反軸にPHT型パーマヒストルクコントローラが取り付けられています。


所定のトルクに設定されたPHT型により、素材と粘着テープを送り出す時にそれぞれの軸にブレーキが掛かり、一定のテンションが保たれ、 テープの送られる方向精度が高まり、精度の良いラミネート加工ができます。
機構図

ページトップへ