クラッチ/ブレーキアプリケーション

伝達・遮断

クラッチの基本的な使い方で、原動機は回転させたまま必要に応じて動力を伝達したり、切り離したりするものです。手動送りと自動送りの切換や、 動力源が2系統ある場合の縁切り用にも使用されます。また、複数のクラッチを使用することで、1つの動力で多数の負荷を独立して制御することができます。

[使用例:パイプベンダー]

伝達・遮断

伝達・遮断用途  適応機種

APPLICATION(例)

機械名:配膳車 作りたての美味しさを提供する配膳車にもクラッチが使用されています。クラッチの使用により、重い配膳車も容易に動かすことができます。人手不足の病院などの施設では、大いに活用されています。

TMC 1.2、5使用製品:TMC 1.2、5
配膳車
機  構  図 TM型電磁クラッチ1個が使用されています。
通常はバッテリーでモータを駆動させ、クラッチが連結状態の時に自走します。

配膳移動中にバッテリーの充電切れが生じた時には、クラッチが開放されて車軸がニュートラル状態となり、配膳車は人力で動かすことができるようになります。
機構図

ページトップへ