クラッチ/ブレーキアプリケーション

保持

本来、ブレーキは負荷を停止させた後、一定の位置に保持する機能を持っていますが、サーボモーターの普及によりロボットや工作機械等では、負荷の駆動・停止はモーターで行い、機械停止中のアームやワークの落下防止(定位置保持)は、保持目的専用の無励磁作動形ブレーキで行う方式が増えています。

[使用例:エレベータ用ブレーキ]
駅やショッピングモールで良く見かけるエレベータ、最近では自宅に設置する所も多く見られるようになりました。高齢化社会が進む昨今、エレベータは必要不可欠であり非常に身近な存在となりつつあります。このエレベータに無励磁作動ブレーキが採用され、各階への移動を安全で快適なものにしています。
現在のエレベータは法規制の関係より無励磁作動ブレーキを2台装着し、二重安全機構として乗降者の安全を保っています。無励磁作動ブレーキは、各階でカゴが停止した際のカゴの保持及び、非常時の緊急停止用として活躍しています。

保持

【適応型式】
SNB型・RNB型・MNB型

[使用例:医療器械]

保持 保持

[使用例:落下防止用ブレーキ]
ボールネジをZ軸に使用した場合の落下防止、保持、緊急制動用に無励磁作動ブレーキが有効です。

保持用途  適応機種

APPLICATION(例)

機械名:産業用ロボット 製造工場では、省人化、無人化により生産性を高めるために、様々なロボットが活躍しています。人間の代わりとなるロボットの機能には、精密な動作だけでなく、安全性、省エネ化も求められています。この要求される精密さと安全性、省エネ化が無励磁作動形ブレーキの使用で可能となりました。


RNB 5K使用製品:RNB 5K
産業用ロボット
機  構  図 多関節ロボットの旋回と、関節部アームの上下方向の移動にブレーキ付サーボモーターを使用しています。起動、制動時はブレーキを解除し、ACサーボモーターで動作、停止させ、保持はACサーボモーターをOFFにして無励磁作動ブレーキで行います。

通常、無励磁作動ブレーキは保持用として使用されますが、停電時や非常時の場合には、非常制動用として使用されます。このブレーキを用いることにより、衝突や落下などの事故防止にも役立っています。
機構図

ページトップへ