クラッチ/ブレーキアプリケーション

高頻度運転

間歇運転を繰り返す場合、モーターによる起動・停止では、突入電流や発熱の点で自ずと限度があります。クラッチ/ブレーキを使用すると、毎分数十回から数百回の動作が可能となります。

[使用例:合板機械]

高頻度運転:合板機械

[使用例:自動包装機のシートカッター]
自動包装機のシートカッターに電磁クラッチ・電磁ブレーキを使用した例。包装機は起動・停止の頻度が多く、モーターのON・OFFでは追従できない。電磁クラッチ・ブレーキを使用することにより、70回/分の起動・停止が可能になる。

高頻度運転:自動包装機のシートカッター

高頻度運転用途  適応機種

APPLICATION(例)

機械名:ポリ製袋機スーパーやデパートなどで買った品物を入れるポリ袋を作るポリ製袋機にも、クラッチ・ブレーキユニットが使われています。1分間に150袋から200袋を作る能力があり、高速応答性、高位置精度、耐久性に優れているMP形のクラッチブレーキユニットが使用されています。


MP 120
使用製品:MP120
ポリ製袋機
機  構  図 ポリ袋のシート、送りロールの駆動部分にMP120形クラッチ/ブレーキユニットを使用し、正確かつ高速に定位置送りをしています。クラッチを介してモーターがロールを回転させ、シートを送ります。光電管が所定の位置でシートに印刷されたマークを検出すると、電磁クラッチがOFFとなり、電磁ブレーキがONとなってシートは所定の位置に停止し、カッターがシートを切断して製品となります。
機構図:絨毯編み機

ページトップへ