選定のための計算

連結1回当たりの仕事量(正逆転時)

慣性モーメント(J)  [kg・m²]
正転時の回転数(n1)  [r/min]
逆転時の回転数(n2)  [r/min]
結果       [J]

クラッチ/ブレーキの許容仕事率
       クラッチ/ブレーキの許容し得る摩擦仕事の限界値許容を仕事率といい、メニューに戻り
       連結(制動)仕事率の項目で計算して下さい。


ページトップへ