オイルミスト除去装置

国内全工場がISO14001の認証を取得する等の環境影響を配慮した事業活動方針を製品造りにも反映させ、工作機械用オイルミスト除去装置を開発しました。
この装置は、レブディスクインパクター(RDI)と二次側の高性能フィルターを使用することにより、クリーンな職場環境の実現に大きな役割を果たします。

  • 1. 超高性能
  • RDIを回転させることで、ミストの液化を促進し、ミストを除去。2つのモーターを搭載し、ファン用とディスク用に分けることで、風量を安定維持。
  • 2. 労働安全衛生法に準ずる捕集性能
  • 人体に最も危険な0.1-5ミクロン粒径の粉じん除去が可能。装置構造、性能、除じん装置要件をクリア。
  • 3. ロングライフメンテナンス
  • RDIとメッシュフィルター(プレフィルター)で、高性能フィルター(二次側フィルター)への負荷軽減と高寿命化を実現。

オイルミストは有害

機械加工の作業空間に浮遊するミストは有害であり、下記のようなトラブルを引き起こす原因となります。

  • ミストには鉛分や硫黄分が含まれており、長期にわたり吸入を続けると呼吸器疾患や喉頭癌、皮膚病、眼科疾患等の原因となります。
  • 作業環境を汚染し、会社のイメージダウンになります。
  • ミストが機械や機器へ徐々に付着堆積して、マシンの誤作動及び腐食の原因となります。
  • 冷暖房設備のある工場では、ミストの外部排出に伴い冷暖房エネルギーも一緒に排出されるため、エネルギー効率が悪く、経済的ロスとなります。
  • オイルミストが床、壁、機材類に付着堆積すると滑りやすくなって、転倒による労働災害や火災の危険性が増加します。(工場の爆発、火災はオイルミストによって引き起こされるケースが多い)

捕集構造

  • オイルミストは吸込口より本体に吸引され、プレフィルター(メッシュフィルター)に衝突することによって、粒子を整粒します。
  • 整粒されたオイルミストはRDIにより捕集・液化され、液化されたオイルミストは排油口より外へ排出されます。
  • RDIにて捕集・液化しきれなかったオイルミストは、装置後部に設置された高性能フィルターによって、0.1μm粒子まで捕集されます。

例:OMSZ400

OMS400F

MODEL

お問い合わせはこちら

小倉クラッチ
オイルミスト除去装置についての各種お問い合わせ・ご相談窓口

お問い合わせ・資料請求


ページトップへ