採用TOP >> 先輩社員紹介 >> 堀田達也

小倉クラッチ社員紹介 堀田達也

入社したワケ

堀田達也イメージ01

クラッチ以外も進めている新製品開発

企業研究を進めると、始めはORCブランドの小倉クラッチという印象だったものがクラッチ以外にも色々な新製品の開発をしている会社だと感じ受験しました。面接では何よりも笑顔で明るく受け答えしようとしたのが功を奏したのか、念願叶って内定を頂きました。さらに希望していた製品開発の職に就く事ができ、今の仕事にとても満足しています。


私の舞台

予期せぬ課題を乗り越える

私の仕事は大きく二つに分けられ、『張力制御装置に用いられるパウダーブレーキの開発』及び『非常停止時にガイドレールを保持するリニアガイド用ブレーキ』の開発を行っています。市場に既に他社の製品があるパウダーブレーキの場合には、他社製品よりも安価に、同等以上の性能、新たな付加価値のある製品を作ることを目標にし、開発を始めました。初めは単に要求性能を満たすように製品を開発しましたが、量産時の調達が難しい部品の存在や、費用対効果を考えて構造変更を行うなど予期せぬ課題が発生しました。要求性能を満足すれば開発完了とはいかない点が難しさの一つです。

堀田達也イメージ02 堀田達也イメージ03

大切な瞬間

自分の開発した製品が市場に

製品を開発するときは、量産時、市場に出た後の事も考えて設計・開発していかなければいけません。これが研究開発の醍醐味であり、苦労する部分でもあります。その分、自分の開発した製品が市場に流れるという時は、緊張と共に大きな達成感がありました。

未来の自分

大切だと思うのは、試験をした時に起こりうる現象を多く知っておくことだと思います。予測の出来ない現象が起こった時に、公式や原理だけでなく幅広い様々な知識が必要になる事を実感しています。もっとたくさんの事を経験し、開発のスペシャリストを目指していきたいと考えています。

休日の過ごし方

趣味は車と旅行です。最近デジタル一眼レフカメラを購入した事もあり、写真の勉強も兼ねて車で色々な所へ行って写真を撮影しています。特に行き先を定めずに、友人と当日の道中などでカーナビと携帯電話を駆使して情報収集しながら旅行をするのが楽しいです。写真は、岡山県にある桃太郎伝説の名所です。

堀田達也イメージ04 堀田達也イメージ05

メッセ−ジ

様々な分野の知識や情報を吸収できる大学は、本当に色々な事を勉強できます。ぜひ専門分野だけでなく、様々な分野の知識を吸収して視野を広げ、社会人になってから活躍して下さい。

先輩紹介TOPページに戻る

PAGE TOP

  • TOPページ
  • 会社情報
  • 選考プロセス
  • 教育プロセス
  • 採用情報
  • 先輩社員紹介
  • イベント情報
  • 入社試験案内
  • Q&A
  • アクセス
  • お問い合わせ