2009年入社

一般CL技術部本部
生産技術部
生産技術課

尾谷賢一

Kenichi Otani

学科:機械・精密システム工学科

新しい治具を考え、
生み出していきたい。

入社したワケ

技術力の深さを体感したくて

もともと自動車が好きで企業を探していると、カーエアコン用クラッチという製品で世界の1/3というシェアを保有している企業を発見しました。その技術力の深さを体感したくて、小倉クラッチ一筋で入社を希望しました

 

私の舞台

製造に関連する部門間の橋渡し

製品の設計図を読み起こし実際にどのような順序で、どのような加工方法で製造するのかを決定します。そして、治具の設計は、製品を製造する際に使用する道具を設計する事です。私の仕事は、設計図から製造方法を考え、その製造に必要な道具まで設計するので、製造現場と製品設計のどちらからも必要とされる橋渡しのような存在だと感じています。他に、産業廃棄物処理の管理も行なっています。事業活動から出る廃棄物について、最終的に誰がどのようにして処分しているのかを把握することです。何気なく捨てている廃棄物でも、管理は厳しく行なっています。

 

私のやりがい

必要とされる事を感じられる事

製造現場からはこの製品を作りたいからこんな治具を作って欲しい。製品設計からは、製品の図面が出来上がったので、工程図面を設計してもらいたいと、製造現場と製品設計という両方の部署から自分が必要とされる事を感じられる事が、やりがいにつながっています。

未来の自分

今後は、まだまだ経験の浅い治具の設計をもっと上手になり、製造現場の人たちが使いやすいと言ってもらえる治具を考え、生み出していきたいです。生産技術者として一人前になる事を夢見て日々業務に励んでいます。

休日の過ごし方

中学校の頃からソフトテニスを続けています。毎年大会に出場していますが、今年の大会では県大会で上位に入賞する事ができ、関東大会に出場することができました。来年度以降も更に上位を目指して頑張っていきたいと思います。他に、自動車が好きな事もあり、同僚とサーキットに行って走行したりもします。

メッセージ

大学生は、卒研等で色々大変ですが、就職活動は今後の人生に大きな影響があるので後悔しないようにして下さい。今自分が調べている業界の一歩外の業界(自動車業界なら自動車部品業界)がキーポイントになり、気が付かなかったより良い企業がたくさんあると思うので、探してみて下さい。

< 一覧に戻る

マイナビ2018