2007年入社

赤堀工場
生産管理部
生産管理課

斎藤祥美

Yoshimi Saitou

学科:英文学科

制度の良い生産計画を
立てていく。

入社したワケ

文理問わずに活躍出来る場面があった

私が小倉クラッチに入社を決めた理由は、『ものづくりに興味を持った』事から始まりました。私は、出身地群馬県での就職を目指し、業種にこだわらずに様々な会社説明会に参加していた中で、材料から製品までのモノの流れがわかりやすい製造業に深く興味がわきました。文系出身の私は、製造業での活躍は難しいと感じていましたが、小倉クラッチでは生産管理という職種にチャレンジが可能で、文理問わずに活躍する事が出来る職種であるという事を知り、受験を決めました。

私の舞台

全体の生産進捗を把握しておく仕事

私の担当する生産計画の作成とは、お客様から代理店を通して当社に届く注文書に従って、製品の在庫、材料や部品の調達、生産にかかる期間等を各担当者に確認し、お客様の要求通りに製品が納入できるよう、生産計画を作成する仕事です。もう一つの進捗管理とは、生産計画に従って順調に生産が進んでいることを日々チェックし、管理する事です。製造現場で生産状況を確認することはもちろん、担当者を通して協力工場等にも確認し、常に納期を考えて全体の進捗を把握していなければなりません。時には最善を尽くしても納期が間に合わない事もありますが、その場合、速やかにお客様と納期の調整を行います

 

私のやりがい

納期を少しでも短縮できた時

納品先によって型式や納品量等が違い、それぞれに合わせて計画を進める事は大変ですが、お客様の急な追加注文などに対して、納期を少しでも縮めることができた時にはお客様や代理店から感謝の言葉を頂くこともあります。そんな時とてもやりがいを感じます。

未来の自分

今後は、周りから信頼されるような担当者になっていくことが目標です。もっと計画段階から幅広い視野を持ち、様々な要素を上手く調整し、もっと精度の良い生産計画を立てていく事が目標です。

休日の過ごし方

休日は、同じ職場に居る女の人と『女子会』を開催し、一緒に食事をしたり旅行に行ったりしています。写真は、女子会5人でバリへ旅行に行った時のものです。普段から仲の良い同僚は、公私共々大きな支えになっています。仕事ではフォローし合い、休日は一緒にストレス発散をしています。

メッセージ

文系の方は製造業という業種は敬遠しがちですが、グローバルな活躍をしている業種なので、国際的な仕事を目指している方は検討されてみてはいかがでしょうか。

< 一覧に戻る

マイナビ2018