2009年入社

輸送機器技術本部
技術二部
技術一課

本木祐基

Yuuki Motoki

学科:機械工学科

自ら進んで業務や知識に飛びついていく

入社したワケ

親身な対応に企業風土の良さを感じて

私は地元群馬で自動車業界の就職を考え、Uターン就職のイベントに参加し小倉クラッチを知りました。初めて会った採用担当者さんと先輩社員さんと話し、親身になって対応して頂いた姿に、雰囲気の良い会社だなと感じたのがきっかけでした。

 

私の舞台

市場に出る前の試作品の評価

私は主に製品の評価を担当しています。クラッチ全体で行う耐久評価・音評価や部品では強度評価・耐食性評価・材料評価等、数え切れない程あります。評価の流れは、評価項目の確認→評価準備(段取り)→評価(測定)→評価結果まとめ(場合によっては再測定)となります。市場に出る前の試作品の評価は、間違いが許されず、私の評価結果がそのまま製品に反映されてしまう為、目標を達成するまでこれを繰り返します。

  

私のやりがい

予想通りに行かなかった原因を追究する

現在は業務に慣れてきた事もあり、深く考える時間も取れるようになったと同時に、周りの事も徐々に見えるようになり、日々成長していることを実感しております。また、製品評価においては、評価前にある程度結果予測をしますが、予想通りに行かない事も多々あります。なぜ予想通りに行かなかったのか原因を追究し、解明した時に一番のやりがいを感じます。

未来の自分

我々技術の仕事は、因果関係を突き止めることが重要な任務になるので、常に結果を予想しながら評価をするよう心掛けています。今はまだ、一人前のエンジニアとは言えませんが、ただ与えられた仕事を消化するのではなく、自ら進んで業務や知識に飛びついて、いち早く活躍できるエンジニアになりたいと考えております。最終的には、製品規格を満たし、安全・高性能・高付加価値が一目で小倉クラッチと判る製品を開発・設計できるエンジニアになる事が目標です

休日の過ごし方

スノーボードを昨年から始めました。まだまだ初心者ですが、冬は休日になる度に雪男になって挑戦しています!スポーツは息抜きに最適であり、またバイクに乗るのもカスタマイズや整備をするのも好きです。

 

メッセージ

今はまだ色々な事を教わってばかりですが、今後はもっともっと勉強し成長して、いつかは人に教えられる立場になりたいです。その為に今の自分の部署での仕事全てを経験したい! そんな目標を持って業務に携わっております。私達と一緒に働きたいという意志を持った仲間を待っています!

< 一覧に戻る

マイナビ2018