2008年入社

営業本部
東京営業所
営業二課

畔上雄一郎

Yuuichirou Azegami

学科:水産学科

小倉クラッチの新製品を、お客様のニーズから見出したい

入社したワケ

風通しのよさそうな社風

自動車が好きだったので自動車業界での営業職を探していて、小倉クラッチは上場企業という事で、非常に安定性を感じました。一番に魅力に感じたのは、他の企業とは違う社風です。とてもアットホームで、居心地がよさそうな会社だと感じ、入社を決めました。

  

私の舞台

クラッチ・ブレーキの営業を担当

私は、一般産業用クラッチ・ブレーキの営業を行なっております。日々の業務は、代理店様からの注文書を確認し工場との納期調整やお客様への納期回答、お客様からの製品に関する問い合わせ対応業務、既存のお客様に対して今後の需要動向等の情報調査、製品に使用される物質等を調査する環境調査依頼への対応等を行なっています。他に、新規顧客の飛び込み営業も行なっています。

 

私のやりがい

長い苦労の末に実った受注活動

私がやりがいを感じたのは、初めて自分の行った営業活動が製品の受注という結果につながった事です。なんと1年半の期間を掛けて、やっと注文につながったという苦労の末の成功体験でした。私が経験した製品は特殊品の、新規開発型の製品で、オートロックシステムの自動ドアに搭載されるブレーキの案件でした。何度もお客様との打ち合わせを重ね、競合他社との競争に打ち勝ち、細かい技術的な仕様も含めた調整を行い、注文を獲得することができました。一番大変だったのは、製品の技術打ち合わせです。工学知識に詳しくない自分が製品の細部まで理解する事は大変でしたが、苦労した甲斐あって注文に繋がったときには、自分だけの製品が作られたような思いで非常に嬉しく思いました。

未来の自分

今の仕事を極めたいと思います。知識を深め、キャリアを積み、営業センスを向上させたいと思います。また、未来の小倉クラッチを背負う営業として、お客様のニーズを掴み、会社に貢献したいと思います。クラッチ・ブレーキだけでは難しい時代になった時、小倉クラッチが開発できる製品を、お客様のニーズから見出したいと考えています。

休日の過ごし方

120%遊ぶ!という事をしています。釣り・バイク・DJ・水上バイク・ウェイクボードなど、たくさんの趣味があります。お陰様で休日はとても楽しく過すことができ、元気を充電しています。この気持の切り替えがとても大切だと感じています。

 

メッセージ

自分の強みを売り込んでいって欲しい。そのためには、まず自分を理解する事が必要です。そうすれば、企業とのマッチングがうまく図れると思いますよ。

< 一覧に戻る

マイナビ2018