2015年入社

営業本部
東京営業所
販売促進課

髙屋岳志

Takeshi Takaya

学科:経営学科

入社したきっかけ

就職活動を始めた当初は特別強く「これがしたい」という願望がなかったので、それを探すためにも様々な業界の会社説明会に足を運んでいました。そのなかで小倉クラッチと出会い、ひとりひとりとしっかりと対話をしてくれる当時の採用担当の人柄や、世界に誇れる製品を作っている会社なのだというところに感銘を受け、「この会社に貢献したい!」と思うようになり入社を決意しました。

現在取り組んでいる仕事

私は一般産業用クラッチ・ブレーキの営業担当で、日々様々な業界に向けてPR活動を行っております。クラッチ・ブレーキは重量が数百グラムの小形・軽量化が求められる製品から、重量数百キログラムのとにかくパワーを求められる製品までお客様のニーズは多様で、使用される装置も河川やダム用の水門や印刷機、食品機械、製鉄所設備向けのクラッチや、多関節ロボットの関節部に搭載される安全用ブレーキ、高圧洗浄機向けのルーツブロワ等、幅広いジャンルで新規案件に取り組んでおります。それぞれ工場の各部門と連携を取りながら最適な製品の提案が出来るよう活動を行っております。

 

1日のスケジュール

  • 8:30 出勤、見積依頼、注文書等の処理
    8:50 お客様への訪問、面談
    12:00 出先にて昼食
    13:00 お客様への訪問、面談
    15:30 営業所に帰社、問い合わせ対応
    18:00
    退勤

やりがい

私は文系の出身であった為、機械の知識は全くわからないまま入社しました。最初はカタログを手にお客様へ訪問しても、お客様が何を求めているのか、いま何を聞かれているのかを自分の頭で理解できていない状態で問い合わせ事項を持ち帰り、簡単な質問でも上司に教えを乞いながらお客様へ回答するという事をしていました。しかし、何度でも教えてくれる上司のおかげもあり、技術部門やお客様に助けてもらいながらも対等にやり取りができる知識が手に入り、新規案件を注文に結び付けられていることにやりがいを感じます。

今後の展望

お客先に最適な製品を紹介するための営業活動を行う上での知識、営業スキルや納期や技術面での調整能力を磨いていきたいです。また、現在行っている既存のお客様の担当や新規PR活動を行いつつ、さらに大口のお客様を担当させていただき、責任ある仕事に携わっていけたらと思います。

休日の過ごし方

友人とカラオケに行ったり、ビリヤードをしたり、旅行に行ったりしています。また、ゲームセンターへ行き、そこで友人となった同業種でもある会社のゲーマーと格闘ゲームで白熱することもあります。最近は運動不足であった生活を見直すべくジムに通って汗を流しています。

 

< 一覧に戻る

マイナビ2022 マイナビ2023

お問い合わせ

一般産業用クラッチ/ブレーキについての各種お問い合わせ・ご相談窓口