TOKYO AUTO SALON 2020に出展

TOKYO AUTO SALON 2020に出展

2020.01.13 | NEWS

 2020年1月10(金)~12(日)、当社は幕張メッセで開催された「TOKYO  AUTO SALON 2020」に出展しました。
 新製品として、SUZUKIスイフトスポーツ(ZC33S)用ライトクラッチ、日産 S20エンジン(ハコスカGT-R、フェアレディZ432)用ライトクラッチ、ランチア デルタHFインテグラーレ(L31)用ライトクラッチ、TOYOTA  VitzGRMN用メタルシングルクラッチを出展しました。新たにKAWASAKI NinjaZX-6R(600cc)用とYAMAHA YZF-R6用のスリッパークラッチを2機種展示しました。
 そして昨年同様、「Inter Proto Series」、「KYOJO CUP」、「TOYOTA GAZOO Racing ラリーチャレンジ」の参戦ドライバーによるトークショーを開催しました。昨年の「ピレリ スーパー耐久レース」に参戦したモリゾウ選手(トヨタ自動車㈱ 豊田章男社長)が率いるチーム「ROOKI RACING」のトークショーも行いました。MCはKYOJOのレーシングドライバーでもある「おぎねぇ」が務め、最終日には、モリゾウ選手ご本人に出演していただくなど、とても豪華なトークショーとなりました。
 それにリンクして展示車両は、タイのブリラムで開催された10時間耐久レースで見事総合優勝を果たした「ROOKI RACING」のTOYOTA 86車両と、全日本ロードレースのバイク2台を展示しました。
 グッズコーナーでは、「ROOKI RACING」のマスコットキャラクター「ルーキーちゃん」のグッズを限定販売し、たくさんのお客様で賑わいました。
 また、当社社長がTOYOYA GAZOO Racingの体制発表に参加し、今年の「ピレリ スーパー耐久レース」への参戦報告を行いました。
 開催期間中、多くの関係者や大勢のお客様にご来場いただきまして心より御礼申し上げます。
 これからもクラッチをはじめてとした製品開発、モータースポーツの活性化に努めて参りますので、引き続きご支援いただきますよう宜しくお願い致します。

ニュース一覧
お問い合わせ

一般産業用クラッチ/ブレーキについての各種お問い合わせ・ご相談窓口