2013年入社

技術本部
技術二部
技術二課

大島衿佳

Erika Oshima

学科:ビジネス総合科

入社したきっかけ

高校の先生に勧められたことがきっかけです。私は商業高校出身ですが、自分の進路を考えた時に、銀行などの事務系職種で働くイメージがあまり持てませんでした。そんな時に、部活の顧問でもあり進路指導担当でもある先生に相談したところ、「絵を描くのが好きなら図面を描くのも楽しいと思えるかもしれないね」と言われ、その言葉をきっかけに小倉クラッチの工場見学へ参加しました。工場見学では、実際に図面を描いているところを見せてもらい、「かっこいいな。こんな仕事があるなんて知らなかったけど面白そうだな」と思い、入社を決めました。

現在取り組んでいる仕事

設計者から「こんな形を作ってほしい」と依頼を受けたものを絵に起こすという仕事をしています。「直径が○○mmでこんな形状のものがほしい」といったように、なんとなくのイメージをくみ取り、図面に起こします。他には、今ある古い図面を3D図面化するために製品モデルを作成し図面化する仕事をしています。

 

1日のスケジュール

  • 8:00 出勤、メールチェック
    8:15 図面作成
    10:30 解析の手伝い
    12:00 昼食
    12:40 製品モデル作成
    15:00
    図面作成
    16:50
    退勤

やりがい

設計者から依頼される内容が複雑な形であったり、言葉や平面のラフの絵だけを伝えられたりすると、図面に起こすのが難しい事があります。ですが、自分が色々考えて起こした図面を見せて「そうそう、こんな感じ!」と言われるとやってよかったなと感じますし、とても誇らしいです。また、自分が絵に起こしたものが実際に製品として形になっているのを見せてもらった時は嬉しいですし、やはり達成感を感じます。

周りの人から「ありがとう、助かったよ。」という言葉をかけてもらえた時もやりがいを感じる瞬間です。

今後の展望

私は入社した時からずっと「目指せ!何でも屋」を目標にしています。入社した当時の課長から、「みんなのサポートができる(図面が描ける、解析ができるなど)人になってほしい。何かあった時や助けを求められた時に、できます!と言えるような人になってほしい。」と言われ、それを目標に今まで業務に取り組んできました。日々の仕事の中で、みんなの助けになるために少しでもできることを増やしていこう、図面を描くスピードを1分でも早くしようと思いながら仕事をしています。

休日の過ごし方

私は手先を使ってものを作るのが好きなので、休日は家にあるものや身近で手に入るもので小物を作ったり、切り絵をしたりしています。写真は小物と切り絵です。切り絵は高校の美術部に所属していた時に作った共同作品と、猫のダヤンです。毬は円形の紙を数枚組み合わせて作りました。帽子はペットボトルキャップに毛糸を巻き付けて作りました。

仕事でもそうですが、基本的にものをつくるのが好きです。細かい作業は時間を忘れて取り組めるのでストレス解消になります。

 

< 一覧に戻る

マイナビ2022

お問い合わせ

一般産業用クラッチ/ブレーキについての各種お問い合わせ・ご相談窓口