CTA型:定電流張力コントローラ

CTA型:定電流張力コントローラ

特長

定電流制御により温度影響を排除

使用負荷を型式選択による簡単設定が可能

外付けVRによる遠隔操作

電圧入力によるリモート制御

8ビットデジタル信号によるリモート制御(CTA1300/3300)

出力モニタが可能

ヒステリシス製品の残留トルク除去が可能

クッションスタートが可能

用途

一定の張力やトルクを保持する場合

手動で張力を調節する場合

外部電圧入力でリモートコントロールする場合

上位コントローラからリモートコントロールする場合

ラインナップ

CTA1100 基板単体タイプ
CTA1200 出力1.5Aタイプ
CTA3200 出力3Aタイプ
CTA1300 出力1.5A、デジタル設定タイプ
CTA3300 出力3A、デジタル設定タイプ

用途

一定張力/トルクを保持するためには、内部VRを使用します。
頻繁に張力/トルクを変更する場合は、外部VRを接続できます。
DC0〜5Vの電圧でリモート制御できます。
上位コントローラから8ビットパラレル信号でリモート制御できます(CTA1300/3300)。
ヒステリシスモードを設定すれば、ヒステリシスクラッチ/ブレーキの残留トルクを除去できます。
ヒステリシスモードを設定すれば、パウダクラッチ/ブレーキをクッションスタートできます。
出力モニタ用電圧計を接続すれば、設定機種に対する出力電流を%単位で表示できます。

その他製品情報